ティガレックスのランス討伐・攻略に有効なスキル・立ち回り・攻撃のタイミングまとめ

ティガレックスをランスで討伐・攻略する際の立ち回りや、攻撃パターンの注意点を解説していきます。

ティガレックスの攻撃の特徴

ティガレックスは、素早い移動と高い攻撃力が驚異のモンスターです。

ハンターをしつこく狙ってくるので、一度でも攻撃をくらってしまうと、そこから畳みかけられてしまい、あっという間にライフが削られてしまいます。

しかしその攻撃パターンは判別しやすいので、初心者でもランスでガードのタイミングや攻撃のタイミングなど練習すれば、クエスト終了まで一度もダメージをくらうことなく倒すこともできます。

練習用モンスターとして、初心者から上級者まで、幅広い層に人気があるモンスターです。

ティガレックス攻撃パターン

主な攻撃パターンとしては、猛ダッシュでハンターを追い詰め、飛びついて攻撃をした後、回転攻撃で畳みかけてきます。

そのほかにも、バインドボイスでハンターの足止めをしたり、遠距離にいるハンターに岩弾を投げつけてくる攻撃もあります。

ティガレックスの攻撃はガード強化がなくてもガードできますが、ノックバックが激しいので、ガード性能+2のスキルを優先してつけると、さらに戦いやすくなります。

ティガレックス×ランスの基本的な立ち位置

ティガレックスの弱点部位は、頭と後脚ですが、ランスでの理想の位置は頭に張り付くことです。

ランスだとガード→攻撃→ガード→攻撃・・・とスタミナに注意しながら行う事で驚くほど簡単に倒す事も出来ます。

またパーティプレイで、ハンマーや笛など、スタンが取れる武器がいる場合は、頭ではなく後脚に行きます。

ティガレックスへの攻撃のタイミング

攻撃モーションごとに対応の仕方が異なります。

二段かみつき
体を引いて首を振り上げた後、大きく踏み込んで2回噛みついてきます。モーションが小さいので、頭にいるとほぼ当たってしまいます。

これもガードできるので、ティガレックスが体を引いたら攻撃をやめ、ガードしましょう。

回転攻撃
時計回りに回転する攻撃です。全範囲に当たり判定があり、かつ風圧【小】が付きます。

回転攻撃前には勢いをつける動作をするので、わかりやすいです。落ち着いてガードしましょう。

バインドボイス
前脚を踏ん張り、息を大きく吸い込んだ後に行ってきます。

ティガレックスの咆哮は、硬直に加えダメージ判定があるので、緊急回避で避けるのが望ましいですが、ランスはガードできるので、スタミナ次第ではガードしてもいいです。

岩弾
この攻撃は遠距離の時に行ってきます。右前脚を大きく振り上げ、前方3方向同時に岩を投げつけてきます。

扇状に広がって飛んでくるので、走って範囲外に逃げたり、間に合わないようであれば緊急回避で避けましょう。

飛びつき攻撃
勢いよく飛びかかってくる攻撃です。こちらも遠距離の時に行ってきます。

岩弾と同様に走ったり緊急回避で避けましょう。

猛ダッシュ
ハンターに向かって高速で突進してきます。避けても追尾してくるので、ガードした方が手っ取り早いです。

この攻撃の後、ティガレックスは倒れこむので、攻撃チャンスとなります。

シェアする

フォローする